Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
“夏のお花見の会”が無事に終了しました!!
 こんにちはっ!!
8/23(日)にござるイベント第2弾“夏のお花見の会”が行われ、たくさんの方々のご協力のもと、皆さんと楽しい時間を過ごす事ができました。
今回参加できなかった方にも、少しでも雰囲気が伝わればとご報告させていただきます。



今回は事前の稲田さん(LITTLE)、KEIさんとのやり取りはお互い忙しくてメールが中心でドキドキしていたのですが、当日の準備で稲田さん(LITTLE)のお花が入った時点で・・・やっぱり素敵でした!!当日の準備ではスタッフもみんな料理の手を止めて見入ってしまいました。




音楽は、KEIさん、サポートとして前回も参加してくれた阿久津さん、また新たにPROVOのリュータさんが加わり、3人のDJの方がそれぞれの「ござるの夏」をイメージした選曲で気持ちの良い空間を作り出してくれました。




そして、お料理とお酒はござるがお花と音楽に負けないように気合いをいれて作りました。
旬の野菜や果物で、夏をイメージした華やかな色が並び、皆さんにも喜んで頂けたのではないでしょうか?





LITTLEさん、KEIさん、阿久津さん、リュータさん、また参加してくれた皆さんと、今回このような素敵な出逢いができて、ござるスタッフ一同心から感謝しています。
今後も、“ござる”を通してみなさんと素敵なご縁があればと思っています。
本当にありがとうございました!!







| tabe-gozaru | 04:31 | comments(0) | - | pookmark |
ござる×フラワーLITTLE×DJ KEI×またたび食堂  第2回 お花見の会のお知らせ
 こんにちはっー!!
「お花見の会」第2弾開催のお知らせです。

前回の『春のお花見の会』は沢山のご参加があり「美味しい!」、「キレイ!」等の声も多く頂き本当にスタッフもとても楽しむ事ができた会となりました。
そこで、今回も『夏』をテーマに“お花”、“音楽”、“お料理”で皆さんと楽しめる会になればと思ってます。

詳細は下記の通りになっていますので、気になる方はお気軽にお店にご連絡下さい!!




××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

たべごと屋 ござる  夏のお花見の会

2009年に行われた『たべごと屋 ござる 夏のお花見の会』第2弾!!
今回もフラワーLITTLE、DJ KEIと共にござるでしか味わえない「夏」のお花と音楽とお料理をお届けします。


日時:2009年8月23日(日) 18:00〜23:00
場所:たべごと屋 ござる(中央区南4西1 酒井ビル1階)
料金:おひとり様 2、000円(お料理付、チケット購入者にはお花とCDプレゼント)

お料理とお酒:ござる
花:LITTLE
DJ:KEI、daisuke akutsu、senoryuta
餃子:またたび食堂

お問い合わせ/チケット販売
たべごと屋ござる(011−232−9550)
フラワーLITTLE(011−644−0324)

| tabe-gozaru | 05:43 | comments(0) | - | pookmark |
ござる×フラワーリトル×DJ KEI 『春のお花見の会』ご参加ありがとうございました
こんにちは。
去る5月17日(日)のござるイベント『春のお花見の会』が大盛況のもと無事終了いたしました。
今回のイベントは、毎週店内にお花を飾っていただいているLittleさんとござるのBGMを依頼しているDJ KEIさんとの共同で行われ、ござるでは初となる立食スタイルでのイベントとなりました。
当日、店内はLittleさんのスバ抜けたセンスでお花が飾られ、いつもとは一味違うお花の世界に、お客様もスタッフも感動させられました。
また、DJ KEIさんにはDJブースを設けてプレイしていただきましたが、ござるにあわせた素敵な選曲にこれまた感動!! お花を見ながら、このままいつまでもこの時間が続いてほしい気持ちになりました。
そんな中、プレッシャーを感じつつ、ござるも道産食材を使った新作料理を中心に16種類のお料理を提供させていただきました。みなさんに喜んでもらえるよう、日々試作を重ねてできたものなので、どれも自信の一品ばかり。
「美味しい」という声もたくさんいただき、本当にうれしく3回目の感動!!!
お酒に関しても、地産地消のもとに道産のお酒をご用意しました。
その中でもお花見の会にあわせて作った、白糠の「しそ焼酎 鍛高譚」にお花を漬け込んだお酒が好評をいただきました。
…お花と音楽とお料理、全てがとても素敵なものでした!今回のこの会にご参加いただいたお客様、本当にありがとうございました。
またLittleさん、KEIさん、、ご協力ありがとうございました。
今度は夏に楽しいイベントができるように、準備していきます。
それでは、また夏!楽しみにしていてください。
| tabe-gozaru | 03:18 | comments(0) | - | pookmark |
ござる×フラワーLITTLE×DJ KEI 「春のお花見の会」のお知らせ
こんにちは。
ここ数日は、20℃を超える日も続き、とうとう春到来ですね。春といえば“お花見”です!!
お花を見ながらお酒を飲むってすごく素敵ですよね!!そんな素敵な日本人の四季のイベントを、ござるの店内で味わってみませんか?
外の桜は散ってしまいましたが、他にはない一味違った“ござるのお花見”です!
ぜひ皆さんいらしてくださいね。


たべごと屋ござる 「春のお花見の会」
_______________________________________
今春より、たべごと屋ござるのBGMを手がけていただくDJ KEI。2008年春から、お花を依頼しているフラワーLITTLE。
彼らと作り上げる、ござるでしか味わえないお花と音楽とお料理のイベントです。
________________________________________________________________________________
日時:2009年5月17日(日) 17:00〜22:00
場所:たべごと屋 ござる(中央区南4西1 酒井ビル1階)
料金:おひとり様 2、000円(お料理付、チケット購入者にはお花とCDプレゼント)

お料理とお酒:ござる
花:LITTLE
DJ:KEI、daisuke akutsu

お問い合わせ/チケット販売
たべごと屋ござる(011−232−9550)
営業時間:18:00〜翌1:00(金・土 18:00〜翌3:00)

| tabe-gozaru | 05:24 | comments(0) | - | pookmark |
焼酎研修in鹿児島その4
photo.jpg
↑ 田村合名さん社長の桑鶴 ヨミ子さんと。

本日も皆さんへ鹿児島よりご報告です。

蔵元巡りは本日が最後。
まずは「鷲尾」や「純黒」で知られる田村合名さんに向かいました。

忙しい中、丁寧に蔵内をご説明いただき、その後はお話しを伺ってきました。
田村合名さんがある「指宿」は温泉地としても有名。
焼酎を熟成させる場合、カメを直接地上に置くと、焼酎がまろやかにならないので地上から少し離しているそうです。
土地ならではの苦労を越えて、私達の所に美味しい焼酎が届いているんですね。
田村合名さんの造る、「純黒」の原酒もゲット!
持ち帰りますので、その香ばしさを皆さんも楽しんでみて下さい。


続いては、芋焼酎の「村尾」で有名な村尾酒造さんを訪ねてきました。
村尾さんはご家族で営む小さな蔵元さん。
造りはもちろん、焼酎ブームが訪れる前の大変だった時のお話しも伺ってきました。
美味しい焼酎を造る為に、家族が一丸となって蔵を支えてきたんですね。

さて、私達は今日、札幌に帰ります。
今回、蔵元さんとお会いし、蔵元さんの情熱など学んできた事を皆さんにお伝えしていくので楽しみにして下さい。
| tabe-gozaru | 04:15 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
焼酎研修in鹿児島その3
photo.jpg
芋掘りを終え、また大海さんの工場へと戻った私達は、採った芋の虫食い部分や腐敗しているところを取り除く「芋切り」の作業をしてきました!

「芋切り」は昨日もお伝えしましたが、焼酎造りをするにあたってとても大切な仕事です。
初めてではありましたが、教えられながら気持ちを込めて作業してきました。

その後、大海酒造さんを後にして櫻井酒造さんへ。
こちらも芋切りの真っ最中でしたが、社長の櫻井さんは嫌な顔を一つせず、蔵の中を案内してくれました。(写真)
櫻井さんでは今年、麦の古酒も出荷されるそうで、試飲してみましたが麦の香ばしさと旨みのバランスが絶妙!もちろん北海道にも出荷されるそうなので、近々ごさるに届くのが楽しみです。

明日は「純黒」や「鷲尾」で有名な田村合名さんと、幻の焼酎として知られる「村尾」を造る村尾酒造さんを訪問予定。まだまだ焼酎の旅は続きます。
| tabe-gozaru | 03:37 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
焼酎研修in鹿児島その2 鹿児島より皆様へ!!
photo.jpg

こんにちはキッチンスタッフの正明です。

研修2日目は早朝「大海酒造」さんの契約農家からスタートしています。
「海・さつまの海」などの原点とも言える「芋」掘りをさせて頂きました!!

獲っているのはベニオトメ。
他にはコガネセンガンもすぐ横にあります、この芋を掃除して蒸し、そして大海の美味しい焼酎となるのです!

さぁ〜この後は芋切りに行ってきます!!

また報告しますね!!
| tabe-gozaru | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第二陣。焼酎研修in鹿児島その1
本日より25日(木)までござるより第二陣メンバーが研修へ向かいました。
その様子を今回はタイムリーに皆様にご報告させていただきます。

photo.jpg
前回の宮崎→鹿児島への研修に引き続き、今回は鹿児島のみ研修に来ています!
初日の今日は、女性を中心に人気のある芋焼酎「海」を造る大海酒造さんにお邪魔しました。

杜氏の大牟礼さんや山下専務さんは焼酎の仕込みに忙しい中、とても気さくに対応してくれました。
更に秘蔵の焼酎情報も入手。
大海酒造さんといえば芋ですが、それ以外も過去に造っていた様です。
ここでは詳しくお伝えする事は出来ませんが、その焼酎は古酒。
もちろん試飲させていただいたのですが、その旨みの強さにビックリ!
さすがは大海酒造さん。
この焼酎は、熟成を重ねる毎に味の変化が楽しめそうで、これからも期待出来ます。

さて、明日(23日)は芋切りにも挑戦です。
芋切りとは、焼酎に使われる芋綺麗に処理する大切な作業の一つ。
これを怠ると美味しい焼酎は出来ません。
初めてではありますが、一生懸命やってきます!

まだまだ鹿児島の研修は続きます。
大海酒造さん以外の蔵元さんにも訪問予定。
札幌へ帰ったら蔵元さんの情熱や勉強した事を皆さんにお伝えしていきますね。
乞うご期待!!!
| tabe-gozaru | 05:39 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
研修報告レポート4
研修3日目。

今日は、宮崎→鹿児島へ移動。
まずは昨年も訪れお世話になった「木場酒造」さんへ。
木場さんは今年4月に開催した「よかばんサッポロ」には参加出来なかったので、約1年振りの再会。
蔵を訪問したのは、AM9:00頃でしたがもう蒸留機がフル稼働!!
仕込みの真っ最中でした。


↑ 蒸留機。蔵内に稼動音が響いていました。

↑ 洗米機。ここで麹になるお米をまずは洗います。

↑ 杜氏 木場修一さんと記念撮影。

時間があまりなかったので、ゆっくりとはお話できませんでしたが元気な木場さんの姿は健在で安心。
来年4月のよかばんでお逢いできるのを楽しみにお別れ。

次に向かったのは大石酒造さん。
鹿児島県の東にある木場さんから西の大石さんまで約3時間の大移動!
桜島を左に見ながら綺麗な海岸線を走りました。


「大石酒造」到着。
杜氏 大石啓元さんに迎えられ、仕込み最中忙しい蔵の中を丁寧に案内していただきました。
他の蔵との一番の違いはもろみの活動力!!
言葉で皆様にお伝えするのはとても難しいのですが、フツフツとまるで生きているかのよう動きがとても印象的でした!

昭和63年までは「鶴見」のみ造っていた大石酒造さん。
今ではPB含め全17種類あるので、「仕込み計画表」を作りしっかり管理して一日の仕込みを行なっているそうです。

記念撮影をして終わり。

次は「萬膳酒造」さんへ向かいました。

蔵の近くのホテルにチェックインして、蔵へ向かったのですがこの時すでにPM5:00。
仕込みを終えた萬膳さんが、お食事を用意してくださりおもてなしを受けました。
沢山のレアな焼酎並んだ蔵でお食事でしたが、ブログでは書けないことが多いので詳しいお話を聞きたい方は直接聞いて下さいね!!

ホテルへ戻り、こうして3日目の研修も終了。
明日は朝一で萬膳さんの仕込みのお手伝いです。





研修4日目。
AM7:00に蔵へ到着。
仕込みはすでに始まっていました。
蔵の朝はやはり早い・・・。

瓶詰めや芋切りをお手伝いさせていただきましたが、綺麗に整理されていた蔵内は萬膳さんの綺麗な味わいはここからくるんだな、と強く感じさせられました。

↑ もろみの入ったカメ。

↑ 珍しい木樽蒸留機。

時間はあまり無かったので最後に記念撮影で終了。


鹿児島空港に向かい帰札。
体力的には辛い研修でしたが、その分学ぶことが多くまた人の温かさを感じた時間でした。
詳しいお話は来店していただいた時に色々とさせていただきたいと思っていますので、お楽しみに!!


簡単ではございましたが研修報告でした。
最後まで読んでいただき有難うございます。
| tabe-gozaru | 04:55 | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
研修報告レポート3
研修2日目 富乃露酒造店より

6時起床すると、もう高妻杜氏が蒸留を始めていました。
蔵の朝は本当に早い・・・。

↑ 富乃露酒造の蒸留機

その後は芋切り。
機械で芋を洗浄し、ベルトコンベアーで流れてくる芋の芽と汚れを切り落とす作業。
2.5tの芋を12人で約2時間。
想像よりハードな作業ですよ・・・。



その後はまた櫂入れ作業などをお手伝いさせていただき、富乃露酒造店さんでの研修は終了。
次の研修先、「川越酒造」さんへ向かいました。

川越さんは仕込みの真っ最中で、製麹、蒸留、瓶詰めなど全ての作業を見学させていただくことが出来ました。

蔵のみなさんと記念撮影をして、次の訪問先の「柳田酒造」さんへ!!

昨年も訪問させていただいた「柳田酒造」さん。
昨年もお話をさせていただいた応接室で、杜氏柳田 正さんの造りに対する考え方をお話していただきました。

柳田杜氏の考える麦焼酎とは、「究極の食中酒」。麦本来の甘味を引き出しながら、食べ物の邪魔をしない、そんな焼酎を造っていきたいと熱く語っていただきました。

本日の研修はこれでおしまい。
夜は、柳田杜氏のはからいで「牛かく」というお店でお食事。牛刺し、牛石焼などお腹いっぱいいただきました!!

明日は、宮崎から鹿児島へ移動。
ここまで来るとさすがにみんな疲労が・・・。
ホテルに戻ってすぐ就寝でした。

3日目の様子はまたアップしますね!!
| tabe-gozaru | 02:53 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |